株式会社 長友総研

  • 会社案内
  • 不動産鑑定評価
  • 固定資産システム評価
  • 公会計支援コンサルタント
  • 補償コンサルタント

固定資産システム評価

固定資産システム評価
概要
自治体の課税事務をサポート
固定資産税は自治体様にとって税収入の柱であり、大きな財源でもあります。そのため固定資産税に対する的確な把握と評価の適正化を図ることが重要となっています。さらに、情報公開等による納税者の関心が高まる中、説明責任を果たすことも課題の一つとなっています。
当社は、20年以上の業務経験とそこで培ったノウハウを生かし、土地評価に精通した専門家集団として評価替え事務を支援して参ります。
事業内容
固定資産システム評価、画地認定計測
用途地区、状況類似地域の区分
標準宅地の選定・調査
土地価格形成要因分析
土地価格比準表作成
路線区分から路線価決定
各種評価・公開用図面作成
画地認定・計測
固定資産評価関連業務
固定資産税評価支援GISシステム導入業務
土地・家屋評価事務取扱要領作成業務
家屋全棟調査業務
【家屋現況図の整備、家屋特定調査から不明・未評価家屋の解明等】
宅地以外(田、畑、山林、雑種地等)の土地評価業務
【田、畑、山林については、状況類似地区の区分、標準地選定から比準表作成まで】
市町村合併支援業務
【事務の現況調査分析から事務統合プラン作成】
その他の相談業務
【縦覧・公開、審査申出及びその他土地評価に関する問題等】
お問い合わせ
課税事務・固定資産税評価支援GISシステム
導入等についてのお問い合わせは
こちらまで
お問い合わせ
ページトップ
固定資産システム評価
概要
業務内容
お問い合わせ